みやぎ県子ども・おやこ劇場 沿革

ふくろう3.jpg特定非営利活動法人
みやぎ県子ども・おやこ劇場

NEWS 2009年告知版

hanabatake2.jpg

活動報告

新しい発見、愉しい出会い、思い出にのこること、たくさんできます。 以下の催しはどなたでもご参加いただけます。

子どものための舞台フェスティバルvol.6 

優れた舞台芸術は、子どもの感性や想像力を育むうえで大切と考え、また身近な会場で親子が楽しめるよう『子どものための舞台フェスティバル』を続けて6回目になります。舞台劇『Baby Love』は、お兄ちゃんと生まれたばかりの妹との日常を描き、人とのつながりの素晴らしさを疑似体験できる家族みんなで楽しめる作品です。

舞台劇 『Baby Love』 劇団ひまわり

2009年9月10日(木)10:45開演 若林区文化センター 展示ホール  

2009年9月11日(金)18:30開演 利府町民交流館 研修室  

2009年9月12日(土)10:40開演 大崎市古川・南部コミュニティーセンター

2009年9月12日(土)16:00開演 名取市増田西公民館 ホール

2009年9月13日(日)11:15開演 エル・パーク仙台 スタジオホール

2009年9月15日(火)18:00開演 石巻文化センター ホール

2009年9月16日(水)15:30開演 岩沼市民会館 中ホール

●参加費
4才以上 ひとり 1500円 (当日は200円増し・全会場共通チケット)

●講師
劇団ひまわり 俳優 鈴村近雄 松田紀子

●対象
どなたでも

●参加費
小学生 500円 中学生〜おとな 1000円 (前日までにお申し込みください)

img028リサイズ.jpg

青葉の音色プロジェクト〜青葉通りの“ケヤキコカリナ”がうたうとき〜『 ♪ 青葉の音色コンサート ♪ 』コカリナ合奏団結成記念

杜の都 仙台のシンボル『欅』、地下鉄工事のために伐採され、その期の一部が楽器『ケヤキコカリナ』としてよみがえりました。昨年12月より月1回の練習を重ね、コカリナ合奏団結成の記念コンサートを開きま
す。

○とき・ところ
2009年8月29日(土)13:30〜
青葉区 良覚院丁庭園茶室「緑水庵」

○参加費
ひとり 500円 (お茶代含む)


青葉の音色プロジェクト『青葉通りのケヤキが歌うとき』 コカリナ合奏団 結成に向けて

地下鉄東西線工事のために伐採されたケヤキ材で楽器コカリナを制作。講師に藤野準さんを迎え、コカリナ合奏団結成に向けて練習をしています。

○とき・ところ
レッスン日:月1回(特)みやぎ県子ども・おやこ劇場へお問い合わせください。 
時間:9:30〜11:00

仙台中央音楽センター 303号室

○参加費
ひとり1回 1000円

フィールドミュージシャン35th黒坂黒太郎ライブin杜の都  〜“コカリナ”によみがえった青葉通りの欅〜

終了しました。たくさんの方にご来場いただきありがとうございました。

□コカリナの生みの親 黒坂黒太郎が奏でる 青葉の音色
木の優しいメロディをお届けいたします。深まりゆく秋、ゆったりとしたひとときをお楽しみください。
街に清々しい彩りを映してきた欅、地下鉄工事によって伐採されました。
仙台市より譲渡されたケヤキ材で楽器を製作しました。「楽都仙台」「杜の都」の新たなシンボルになることを願って。

○とき・ところ
2008年11月28日(金)18:45〜 太白区 福聚院 (門前町 三女高前)
2008年11月29日(土)13:30〜 青葉区 良覚院丁庭園茶室「緑水庵」

○参加費
28日 3000円
29日 3300円(抹茶・菓子付)
※両日とも事前のご予約をお願いします。

コカリナ.jpgコカリナ2.jpg

子ども劇場 誕生30周年記念事業 仙台市市民文化事業団特別助成事業

終了しました。たくさんの方にご来場いただきありがとうございました。

LinkIcon仙台市市民文化事業団

 洋の東西を問わず、時空を超えて羽ばたく神話・伝説上の鳥“火の鳥”は、昔から絵画や彫刻に表わされ、音楽や映画、漫画の題材に取り上げられてきました。日本の太陽観察衛星の名も「ひのとり」です。

 中でも私たちに一番馴染んでいるのは、手塚治虫氏の漫画とストラヴィンスキーのバレエ音楽ではないでしょうか。そこに表現されているのは、21世紀を生きる私たちにとって「生きるとは、愛や寿命とは、人間とは何か」見つめなおし考え直して行かなければならない大きなテーマが描かれています。

 「子どもに夢と希望、たくましい創造性を」と宮城県で30年活動をつづけてきた子ども劇場。心ひらく文化の炎を子どもたちに身近で感じられるように『不死鳥』にあやかり末永く多くの人々に愛され続けていきたいです。

『アニメが描く人間そして未来社会 —「火の鳥」と手塚治虫 あらゆる生命の観察者 —』

img013.jpg
対談 アニメ監督 高橋良輔さん × SF作家 瀬名秀明さん
□ソ連のアニメ映画『せむしの仔馬』に登場した「火の鳥」やストラヴィンスキーのバレエ音楽に魅了された手塚氏は、名作漫画『火の鳥』を生み出した。優れた作品が次の創作へ連鎖していく様は、永遠の生命をえた“火の鳥”のようです。これら名作のもつ力が私たちの明日への活力になることを願っています。
○とき・ところ
2009年1月25日(日) 14:00〜  メディアテーク7F スタジオシアター
○参加費
ひとり1500円


人形劇 『火の鳥 —黎明編—』

img012.jpg
LinkIcon人形劇団クラルテ
□時は、古代。「永遠の命」の象徴である“火の鳥の血”を求め戦う人間の愚かしさと悲しさ・・・。人の欲望が生み出した争いは、誰にも止めることができないのか。主人公少年ナギも家族のため“火の鳥の血”を求めて旅に出るが・・・。♪この世界はどうしてうまれたの、人間は何のためにうまれたの・・・♪ 少年少女合唱団の生のコーラスとでおくるファミリー向け人形劇。劇団創立60周年記念作品。

□原作 
手塚治虫

○とき・ところ
2009年2月15日(日)15:30〜 仙台市青年文化センター シアターホール

○参加費
ひとり  3800円 
親子ペア 7000円

□合唱団募集
仙台市内のすみれ合唱団の協力のもと、仙台市各区、多賀城、岩沼から小1年〜高校1年までの元気な男女19名が集まり、劇団とのコラボレーションに挑戦します。舞台のもうひとつの主役、子どもたちのコーラスに乞うご期待!!

○練 習 日
11月15日(土)9:45〜11:15 
12月13日(土)9:45〜11:15   
1月17日(土)9:45〜11:15
2月14日(土)9:45〜11:15
2月15日(日)さあ、本番!
※冬休み中に1〜2回練習あり

○練習会場
仙台中央音楽センター(当法人事務所地下スタジオ)

○合唱指導
佐藤 桂子 氏 
宮城学院女子大学音楽科声楽専攻卒業。桐朋学園大学音楽学部付属「子どものための音楽教室」仙台教室講師。北杜学園講師。

○募集〆切11/13(まで)