みやぎ県子ども・おやこ劇場 沿革

ふくろう3.jpg特定非営利活動法人
みやぎ県子ども・おやこ劇場

NEWS 2008年告知版

hanabatake2.jpg

活動報告

新しい発見、愉しい出会い、思い出にのこること、たくさんできます。 以下の催しはどなたでもご参加いただけます。

フィールドミュージシャン35th黒坂黒太郎ライブin杜の都  〜“コカリナ”によみがえった青葉通りの欅〜

終了しました。たくさんの方にご来場いただきありがとうございました。

□コカリナの生みの親 黒坂黒太郎が奏でる 青葉の音色
木の優しいメロディをお届けいたします。深まりゆく秋、ゆったりとしたひとときをお楽しみください。
街に清々しい彩りを映してきた欅、地下鉄工事によって伐採されました。
仙台市より譲渡されたケヤキ材で楽器を製作しました。「楽都仙台」「杜の都」の新たなシンボルになることを願って。

○とき・ところ
2008年11月28日(金)18:45〜 太白区 福聚院 (門前町 三女高前)
2008年11月29日(土)13:30〜 青葉区 良覚院丁庭園茶室「緑水庵」

○参加費
28日 3000円
29日 3300円(抹茶・菓子付)
※両日とも事前のご予約をお願いします。

コカリナ.jpgコカリナ2.jpg

子ども劇場 誕生30周年記念事業 仙台市市民文化事業団特別助成事業

終了しました。たくさんの方にご来場いただきありがとうございました。

LinkIcon仙台市市民文化事業団

 洋の東西を問わず、時空を超えて羽ばたく神話・伝説上の鳥“火の鳥”は、昔から絵画や彫刻に表わされ、音楽や映画、漫画の題材に取り上げられてきました。日本の太陽観察衛星の名も「ひのとり」です。

 中でも私たちに一番馴染んでいるのは、手塚治虫氏の漫画とストラヴィンスキーのバレエ音楽ではないでしょうか。そこに表現されているのは、21世紀を生きる私たちにとって「生きるとは、愛や寿命とは、人間とは何か」見つめなおし考え直して行かなければならない大きなテーマが描かれています。

 「子どもに夢と希望、たくましい創造性を」と宮城県で30年活動をつづけてきた子ども劇場。心ひらく文化の炎を子どもたちに身近で感じられるように『不死鳥』にあやかり末永く多くの人々に愛され続けていきたいです。

『アニメが描く人間そして未来社会 —「火の鳥」と手塚治虫 あらゆる生命の観察者 —』

img013.jpg
対談 アニメ監督 高橋良輔さん × SF作家 瀬名秀明さん
□ソ連のアニメ映画『せむしの仔馬』に登場した「火の鳥」やストラヴィンスキーのバレエ音楽に魅了された手塚氏は、名作漫画『火の鳥』を生み出した。優れた作品が次の創作へ連鎖していく様は、永遠の生命をえた“火の鳥”のようです。これら名作のもつ力が私たちの明日への活力になることを願っています。
○とき・ところ
2009年1月25日(日) 14:00〜  メディアテーク7F スタジオシアター
○参加費
ひとり1500円


人形劇 『火の鳥 —黎明編—』

img012.jpg
LinkIcon人形劇団クラルテ
□時は、古代。「永遠の命」の象徴である“火の鳥の血”を求め戦う人間の愚かしさと悲しさ・・・。人の欲望が生み出した争いは、誰にも止めることができないのか。主人公少年ナギも家族のため“火の鳥の血”を求めて旅に出るが・・・。♪この世界はどうしてうまれたの、人間は何のためにうまれたの・・・♪ 少年少女合唱団の生のコーラスとでおくるファミリー向け人形劇。劇団創立60周年記念作品。

□原作 
手塚治虫

○とき・ところ
2009年2月15日(日)15:30〜 仙台市青年文化センター シアターホール

○参加費
ひとり  3800円 
親子ペア 7000円

□合唱団募集
仙台市内のすみれ合唱団の協力のもと、仙台市各区、多賀城、岩沼から小1年〜高校1年までの元気な男女19名が集まり、劇団とのコラボレーションに挑戦します。舞台のもうひとつの主役、子どもたちのコーラスに乞うご期待!!

○練 習 日
11月15日(土)9:45〜11:15 
12月13日(土)9:45〜11:15   
1月17日(土)9:45〜11:15
2月14日(土)9:45〜11:15
2月15日(日)さあ、本番!
※冬休み中に1〜2回練習あり

○練習会場
仙台中央音楽センター(当法人事務所地下スタジオ)

○合唱指導
佐藤 桂子 氏 
宮城学院女子大学音楽科声楽専攻卒業。桐朋学園大学音楽学部付属「子どものための音楽教室」仙台教室講師。北杜学園講師。

○募集〆切11/13(まで)  

2008.9.12〜18 子どものための舞台フェスティバルVol.5

劇団 道化『しょうぼうじどうしゃ じぷた』併演『なにができるかな』
□たくさんの子どもたちに生の舞台の楽しさ・おもしろさを味わってほしいと、毎年「子どものための舞台フェスティバル」をつづけて5回目になります。ぜひ、お友だち・ご家族の皆さんで観てみませんか?
□原作/渡辺 茂男(福音館書店) 演出/丹下 進
□ある町にしょうぼうしょがありました。
ジープのじぷたは元気なしょうぼうじどうしゃ。でも、小さくてみなに見向きもしてもらえません。「ぼくだって大きな火事を消せるんだぞ!!」
でも、いつもじぷたは、おいてきぼり……。ある日、山火事発生!!さあ、じぷた出動だ。ブルン ブルン ブル〜ン

○とき・ところ
2008年9月12日(金)18:30〜 太白区文化センター B1展示ホール
13日(土)11:00〜 利府町民交流館 研修室
13日(土)17:00〜 名取市 増田西公民館
14日(日)11:00〜 大崎市 さくら保育園
15日(月)16:00〜 若林区文化センター 1F展示ホール
17日(水)19:00〜 石巻文化センター
18日(木)18:00〜 岩沼市民会館 小ホール
○参加費
4才以上ひとり 1500円(3才以下のお子様は、無料)
全会場共通チケットです。
じぷたと仲間のしょうぼうじどうしゃ
 




image001.jpg
 
 

2008.9.12〜18 子どものための舞台フェスティバルVol.5

劇団 道化『しょうぼうじどうしゃ じぷた』併演『なにができるかな』
□たくさんの子どもたちに生の舞台の楽しさ・おもしろさを味わってほしいと、
毎年「子どものための舞台フェスティバル」をつづけて5回目になります。
ぜひ、お友だち・ご家族の皆さんで観てみませんか?
□原作/渡辺 茂男(福音館書店) 演出/丹下 進
□ある町にしょうぼうしょがありました。
ジープのじぷたは元気なしょうぼうじどうしゃ。
でも、小さくてみなに見向きもしてもらえません。
「ぼくだって大きな火事を消せるんだぞ!!」
でも、いつもじぷたは、おいてきぼり……。
ある日、山火事発生!!
さあ、じぷた出動だ。ブルン ブルン ブル〜ン



○とき・ところ
2008年9月12日(金)18:30〜 太白区文化センター B1展示ホール
13日(土)11:00〜 利府町民交流館 研修室
13日(土)17:00〜 名取市 増田西公民館
14日(日)11:00〜 大崎市 さくら保育園
15日(月)16:00〜 若林区文化センター 1F展示ホール
17日(水)19:00〜 石巻文化センター
18日(木)18:00〜 岩沼市民会館 小ホール
○参加費
4才以上ひとり 1500円(3才以下のお子様は、無料)
全会場共通チケットです。
じぷたと仲間のしょうぼうじどうしゃ

 
 

2008.9.12 表現ワークショップ

『物を使って表現してみよう/こころとからだの遊び体験 即興から発見する自分の魅力』
○講師
長島 宏氏 劇団 道化
1966年生まれ 1990年入団 『ピアニャン』『とんとんみーとキジムナー』『ナガサキ’んグラフィティ』などに出演。
2004年から演出、ワークショップも手掛けている。
○内容
『物を使って表現してみよう』
身近なものを使って別のものに変身させます。
『こころとからだの遊び体験 即興から発見する自分の魅力』
 人間の暮しって全て即興のようなもの。相手に何かを投げかけて反応する、そのリアクションの連続が面白い。

 


○とき・ところ
2008年9月12日(金)10:30〜 太白区文化センター リハーサル室(楽楽楽ホール前)
○対象
おとな(見守り託児あり)
○参加費
ひとり 1000円
○締切
2008年9月10日(水)(定員になり次第終了)
 
 

2008.8.1 “宙”水の星の不思議音楽会

□語りと音楽の調べ 女優 日色ともゑ&マリオネットのジョイントステージ




○とき・ところ
2008年8月1日(金)18:30〜 仙台福祉プラザ 2Fふれあいホール
○参加費
自由席3800円
★終了しました。たくさんの方にご来場いただきありがとうございました。

2008.2.16 『子ども舞台芸術体験広場』inおおさき 子どもと舞台芸術ー出会いのフォーラム実行委員会

協力/子どもの舞台芸術体験広場inおおさき実行委員会(青少年のための大崎市民古川会議、みやぎ県子ども・おやこ劇場、大崎おやこDe劇場)

■子どもたちがプロの芸術団体の作り出す場を体験することにより、知らない世
界にふれたり、楽しいと感じたり自分でもこんなことができるんだと自分のの中
にあるものを発見したりすることを大切にしています。

1.うつしてうつして影あそび空間 劇団かかし座
10:30〜 13:30〜

2.古今亭菊寿の落語体験 ともしび音楽企画
10:30〜 13:30〜

3.和太鼓ワークわく 太鼓と芝居のたまっこ座
10:30〜 13:30〜

4.人形を作って演じよう! 人形劇団ひぽぽたあむ
10:30〜 13:30〜

5.台所合奏団&台所人形劇団 オフィス・タカパーチ+人形芝居燕屋
11:30〜 14:30〜







●とき・ところ
2008年2月16日(土)10:00受付開始
パレットおおさき(大崎生涯学習センター)
●参加費
1プログラム 200円 (別途材料費が必要な場合もあります)
●申込・問合せ
大崎おやこDe劇場 TEL 0229−24−1514 FAX 0229−24−1924
●締切
2008年2月8日(金)

2008.2.17 絵本ワールドinみやぎ〜ひろがれ!本の世界〜

〇とき・ところ
2008年2月17日(日) 10:00〜16:00 仙台市青年文化センター

□おはなし会・童謡フェスタ・映画『ゲゲゲの鬼太郎』(実写版
10:15〜12:15)など盛り沢山のイベントが行われます。

□特別講演『絵本の力』〜三つ子の魂 そして親子の絆を育むもの〜 13:30〜15:00
講師:田澤 雄作 氏 独立行政法人 国立病院機構仙台医療センター小児科部長
事前申し込みが必要です。

□子ども劇場の企画
『おばけレストラン“ブロッケン”』
〇時間
10:30〜12:30
〇「4月30日の深夜、ほうきに乗った魔女がブロッケン山に集まってパーティーを開きます。」とおばけレストランにオーダー(注文)が届きました。さあ!困った!ブロッケン山で料理を作るシェフを募集しないと。
〇募集人数・対象年齢
25名 小学校4年生〜6年生
〇材料費
300円
〇事前申し込みが必要です。

『ものがたりごっこのへや』
〇時間
13:00〜14:30
〇自分で、親子で、グループで自由にものがたりをつくり演じ変身してみましょう!
簡単な小道具を準備しています。




〇事前申し込みが先
住所・氏名・年齢・電話番号・希望プログラムをご記入の上
実行委員会事務局へ往復はがき・FAX・Eメールでお申し込みください。参加証をお送りします。
応募多数の時は、抽選となります。締切2月8日(金)必着
絵本ワールド実行委員会事務局(河北新報社内)
〒980-8660 仙台市青葉区五橋1-2-28
FAX:022-227-0923 Eメール

2008.3.21〜23 春休みチャレンジ3days  プロから学ぶワークショップ
『舞台の裏方を体験してみよう! —音響・照明・舞台監督 入門編—』

□舞台を支える仕事を〈知る・深める〉3日間のワークショップ。
音響・照明・舞台監督の専門家から学び、想像力+創造力+協同で本番の舞台をつくります。
舞台の裏側ではたらくスタッフのおもしろさ、緊張感、達成感を味わってみませんか?

この春休みは、あなたも舞台づくりにチャレンジ!!
□講師 10−BOX テクニカル スタッフ

○とき・ところ
2008年3月21日(金)13:30〜16:30
22日(土)・23日(日)10:00〜16:30
せんだい演劇工房10‐BOX
○募集人数・参加対象
音響・照明・舞台監督 3コースで15名
小学校5年生〜高校生(3日間連続して参加できる方)
○参加費
3日間 3000円
○申込締切
2月29日(金)(ただし定員になり次第締め切ります)




□プレビュー公演
子どもたちが創った舞台を観ませんか。家族・友人・知人大勢で応援してください。
2008年3月23日(日)14:30開演
『ひびきあう むかしかたりと古楽器リュート』
よみかたり :田村文子氏
リュート演奏:鈴木健治氏
参加費 無料

2008.2.23 みやぎ想・奏・想塾



□『あしたのロボットと物語る力』
□日本人と鉄腕アトムへの夢ロボットの今と未来について丹念な取材をもとに作品を創作しつづける瀬名さん。 進化する科学技術と夢みる力、文学や芸術とのかかわり等『ドラえもん』が大好きな瀬名さんが語ります。
□お話 瀬名秀明

○プロフィール
1968年静岡県瀬名町生まれ。 SF作家、薬学博士。『パラサイト・イブ』第2回日本ホラー小説大賞受賞。
映画『パラサイト・イブ』(監督 落合正幸、主演 三上博史、葉月里緒菜ほか)公開
『「神」に迫るサイエンス−BRAIN VALLEY研究序説?』『BRAIN VALLEY』第19回日本SF大賞受賞。
講演録「岩波高校生セミナー 8 小説と科学」
現在の書名『ハートのタイムマシン』『八月の博物館』『ロボット21世紀』『虹の天象儀』その他、短編・ノンフィクション記事、文芸評論等。

○とき・ところ
2008年2月23日(土) 13:30〜
秋保温泉 ホテル華の湯

□『バッハの音楽と現代文化』
□約300年前に宮廷や教会で活躍したバッハ。それらの曲は、今も演奏され歌い続けられています。
遠い時代に生み出された音色を聴きながら、宗教、民族、世代や時代を超えていく文化芸術とは。現代の文化状況を読みときながら、 わかりやすく語っていただきます。
□お話 川端純四郎

○プロフィール
1934年 岡山生まれ。東北学院大学に35年勤務。
仙台北教会オルガニスト、日本キリスト教団賛美歌委員。
平和、人権、政治革新の運動にも積極的に参加。現在「九条の会」全国講師団のメンバー。
著書『J.S.バッハ〜時代を超えたカントール〜』新著『バッハのコラールを歌う』執筆中。

○とき・ところ
2008年2月23日(土)15:30〜
秋保温泉 ホテル華の湯

○参加費1セミナー 1000円
○申込〆切2月13日(水)