みやぎ県子ども・おやこ劇場 沿革

ふくろう3.jpg特定非営利活動法人
みやぎ県子ども・おやこ劇場

NEWS 2007年告知版

hanabatake2.jpg

活動報告

新しい発見、愉しい出会い、思い出にのこること、たくさんできます。 以下の催しはどなたでもご参加いただけます。

2007.11.26 大人の人形劇 モリエール「守銭奴」より『金壺親父恋達引(かなつぼおやじこいのたてひき)』

□井上ひさし初の文楽台本。1972年、NHKラジオ・TVで放送され話題になった作品です。
主人公を中心に倅や娘の悲喜こもごもの『恋』と金銭欲にからむ人々の滑稽な人間模様を人形劇団プークが生き生きと表現します。 第1部では、ポルトガルギターのパイオニアによる演奏を堪能していただきます。 □人形劇団 プーク公演 & マリオネットコンサート □作 井上ひさし  □音楽 マリオネット(湯淺 隆&吉田剛士) ポルトガルギター、マンドリンの調べ

○とき・ところ
2007年11月26日(月)18:30開演
仙台福祉プラザ ふれあいホール
○料金
全席自由 3500円(ペア券6000円 当日500円増し)
プークHP
福祉プラザ

kintubo.jpg

2008.2.23 みやぎ想・奏・想塾



□『あしたのロボットと物語る力』
□日本人と鉄腕アトムへの夢ロボットの今と未来について丹念な取材をもとに作品を創作しつづける瀬名さん。 進化する科学技術と夢みる力、文学や芸術とのかかわり等『ドラえもん』が大好きな瀬名さんが語ります。
□お話 瀬名秀明

○プロフィール
1968年静岡県瀬名町生まれ。 SF作家、薬学博士。『パラサイト・イブ』第2回日本ホラー小説大賞受賞。
映画『パラサイト・イブ』(監督 落合正幸、主演 三上博史、葉月里緒菜ほか)公開
『「神」に迫るサイエンス−BRAIN VALLEY研究序説?』『BRAIN VALLEY』第19回日本SF大賞受賞。
講演録「岩波高校生セミナー 8 小説と科学」
現在の書名『ハートのタイムマシン』『八月の博物館』『ロボット21世紀』『虹の天象儀』その他、短編・ノンフィクション記事、文芸評論等。

○とき・ところ
2008年2月23日(土) 13:30〜
秋保温泉 ホテル華の湯

□『バッハの音楽と現代文化』
□約300年前に宮廷や教会で活躍したバッハ。それらの曲は、今も演奏され歌い続けられています。
遠い時代に生み出された音色を聴きながら、宗教、民族、世代や時代を超えていく文化芸術とは。現代の文化状況を読みときながら、 わかりやすく語っていただきます。
□お話 川端純四郎

○プロフィール
1934年 岡山生まれ。東北学院大学に35年勤務。
仙台北教会オルガニスト、日本キリスト教団賛美歌委員。
平和、人権、政治革新の運動にも積極的に参加。現在「九条の会」全国講師団のメンバー。
著書『J.S.バッハ〜時代を超えたカントール〜』新著『バッハのコラールを歌う』執筆中。

○とき・ところ
2008年2月23日(土)15:30〜
秋保温泉 ホテル華の湯

○参加費1セミナー 1000円
○申込〆切2月13日(水)

2007.11.16/12.3/2008.2.5 みやぎ想・奏・創塾 メディア・リテラシーを学ぶ連続セミナー


□あなたは、日々の情報を何から得ていますか?新聞?テレビ?インターネット? それらの情報をうのみにしたり振り回されていませんか?このセミナーでは、特に映像メディアからの情報を読み解く方法や上手なつきあい方を学びます。

○ 第1回 『メディア・リテラシーってなあに?』
11月16日(金)10:30〜12:00 仙台市民会館 第7会議室
第2回 『メディアと上手に付き合うためには?』
12月3日(月)10:30〜12:00
せんだいメディアテーク 7F会議室a
講師 関本英太郎

○プロフィール
1949年、富山県魚津市生まれ。 東北大学大学院情報科学研究科教授。 専門はメディア論・映像論。
研究の傍ら、2001年「メディア・リテラ シープロジェクト」を立ち上げ、市民・学生と連携した 実践活動を展開。メディア・リテラシーの普及に努め、  趣味はオペラ鑑賞。
現在、河北新報「フォーカスせんだい」にエッセイ連載中。

□今や小さい子どもたちやお年寄りまで持っているケータイ(携帯電話)。
また知りたい情報をすぐ得られるインターネット。現代の生活の必需品になり、 進化し続けるこの電子機器をもっと知り、つきあい方を学びます。

○第3回 『ケータイとネット、そしてブログ 』
2008年2月5日(火)10:30〜12:00
せんだいメディアテーク 7F会議室a
講師 窪 俊一

○プロフィール
1955年愛媛県大洲市生まれ。 東北大学大学院情報科学研究科准教授 専門はポップカルチャー。
高校までは野球一筋。自分の子どもの成長と共に子どもの文化を自らも学ぶことにしています。

○参加費
1セミナー 1000円
○申込〆切
各セミナー10日前まで(11/16分は、11/11が〆切)
※なるべく3回続けて受講して下さい。

2007.9.17〜23 子どものための舞台フェスティバル

■心を耕す為の文化体験を定期的にできる機会をつくりたいと思い、 『子どものための舞台フェスティバル』を続けています。
毎年、幼児から大人まで身近で気軽に楽しめる作品を上演。 今回はドイツで人形劇場を主宰しているバーバラ・シェールさん、 絵本の世界を大切に人形劇公演を行っている人形劇団ひぽぽたあむの協力で行います。

●オープニング
9月17日(月・祝)仙台市福祉プラザ
人形劇団ひぽぽたあむ『ばばばあちゃんのいそがしいよる』 9F大広間 12:45〜13:45 4才以上1500円(当日1700円)

バブーシュカ・テアター『人形劇とセラピー』通訳付 2F ふれあいホール 15:30 〜17:30 ひとり3000円(当日3200円 資料代含)
ドイツの子育て現状と人形劇が子どもにもたらすものについてお話と人形劇公演。 その他ワークショップ・遊びのコーナーも。お楽しみに!

●バブーシュカ・テアター『ものぐさイェメリア』ロシア民話 『かえるの王様』グリム童話
9月18日(火)19:00〜 太白区富沢南集会所
9月19日(水)19:00〜 石巻文化センター
●人形劇団ひぽぽたあむ『かえるくん かえるくん』
9月19日(水)17:00〜 名取市百合ヶ丘公民館
●人形劇団ひぽぽたあむ『ハリネズミと雪の花』
9月21日(金)18:30〜 大崎市古川 さくら保育園
●人形劇団ひぽぽたあむ『こいぬの兄弟 チップとチョコ』
9月22日(土)11:00〜 マリンゲート塩釜
9月22日(土)16:30〜 若林区文化センター
9月23日(日)11:00〜 岩沼市市民会館

●参加費 人形劇公演:4才以上1500円(当日1700円)

★終了しました。各会場たくさんの方にご来場いただきありがとうございました。

p_tippu.jpg
s_bababa.jpg

2007.8.9 『木下航志&His Friends Live 2007』

■心から奏でる楽器。心から奏でる歌。心から奏でる愛。 ピアノマン・木下航志、18歳の夏

●とき
2007年8月9日(木)19:00〜
●ところ
イズミティ21 小ホール
●料金
全席自由 3000円

★終了しました。

kinoshita.jpg

2007.7.27『黄昏にカウントコール』

■いまだ夢の途中を彷徨う男たちと女たちが繰り広げるエキセントリック ハイテンションストーリー
■作・演出 長谷川康夫
■出演   風間杜夫 伊達暁 他

●とき
2007年7月27日(金)18:30〜
●ところ
仙台電力ホール
●料金
全席指定 5000円(当日5500円)
LinkIconトムプロジェクト

★終了しました。

tasotirashi.jpg

●2007.7.22 「第3回 総会」のお知らせ


●第1部 第3回総会 議事
10:30〜12:00 まとめ・計画・予算・決算など

●第2部 3周年記念を祝う会
12:30〜14:00 交流会、今秋のフェスの成功を祈って

●参加費 1200円(食事代として)
★新年度の活動が始まりました。。

2007.7.15 夏休みこども文学館プレ企画『ぼくたち音屋、明かり屋でござ〜い!』●参加者募集●

■春休みに行った「舞台裏方ワークショップ」は、 音づくりに力を入れ「出前ができる舞台」をめざしました。
アタック・チャレンジした とりくみから生まれたステージは、さらに楽しいものに。
あなたの参加を待っています。

●第一部 11:00〜11:40
朗読シアター『ニングルの森』公演
原作:倉本 聰 (集英社刊)
演出・照明・音響・舞台:春休みチャレンジ3day’s 舞台裏方ワークショップ参加者
特別ゲスト:米澤 牛 氏
キャ ス ト: 3名募集中(大人1名 中高生2名 7/10〆切)〔米澤さんと舞台に立とう!〕

●第二部 13:30〜14:30
『 朗読シアター 主役を あ・な・た が 』
舞台はキャンパス。あなたの希望の色とBGMで朗読の表現のお手伝いをいたします。
当日だけ、その場にこられた方だけが味わえるホッとな時間。まちがいなし。
飛び入り参加大歓迎!

●参加費 無料
★終了しました。 台風の中たくさんの方に観ていただきありがとうございました。

2007.04.4/5/6 舞台裏方体験ワークショップ ●参加者募集●』

■舞台づくりのプロの講師から学び、地元で活躍している俳優を出演者に向かえ舞台をつくるワークショップです。
作品に自分達のイメージした音と明かりを入れたらどんな舞台になるでしょう。
さあ、あなたもトライしてみよう!!

●とき・ところ
2007年4月4日(木)13:30〜16:00
2007年4月5・6日(金・土)10:00〜16:00
せんだい演劇工房 10-BOX
●参加
新6年生以上
●参加費
1人3000円
★終了しました。 7月15日に仙台文学館で 夏休み子ども文学館プレ企画として公演があります。

2007.06.15『ダイハツ ドラリオン 仙台公演』

■1999年の初演以来、世界30都市で2000回以上の公演を重ねている『ドラリオン』。
シルク・ドゥ・ソレイユは、世界中の熱い視線を注がれているエンターティンメント集団です。
『ドラリオン』は、これまで以上の楽しさ、西洋と東洋の融合、平和を願うメッセージ性のある芸術作品です。
岩沼おやこ劇場・塩釜・たいはく・若林子ども劇場の会員は例会として鑑賞します。お友だちと一緒にどうぞ!
■ 世界最高のエンターテイメント集団シルク・ドゥ・ソレイユ

●とき・ところ
2007年6月15日(金)
19:00開演  新ビックトップ(あすと長町)

dralion.jpg

2006.11.12 第2回 中高生のつどい ●参加者募集●


■県内の会員数の25%を占める中学生や高校生のみなさんが、 どんな作品に興味があるのか。心揺さぶられる舞台やこれから観てみたい作品はどんなものかを話し合います。 前回(10/8)に引き続き第2回目を行います。
みんな来てね!ね!! ね!!!
■内容
・子ども劇場の鑑賞作品や活動、これから観てみたい作品についてPart
・中・高生交流会&朗読シアター『ニングルの森』出演者(富良野塾卒業生)との交流会の提案

●とき
11月12日(日)13:30〜15:00
●ところ
みやぎ県子ども・おやこ劇場 事務所
●参加
中学生・高校生はだれでも可(会員でなくてもOK)

2007.02.22/23/24 第3回子ども舞台フェスティバル朗読シアター『ニングルの森』


■ニングルとは北海道の原生林の奥深くに少数生存する先住民族。 彼らは生命の木とともに生き、その寿命は数百年にもわたると言います。 彼らの生き方を通じ、子どもたちに分かりやすく「自然の摂理」を伝える倉本聰初の童話作品です。
■ 作・演出 倉本聰
■朗読 森上千恵 富良野塾OB  ドラマ『Dr.コトー診療所』出演中!!!
■効果音・木太鼓演奏 原たかし

●とき・ところ
2007年2月22日(木)18:30開演  岩沼市民会館
2007年2月23日(金)18:30開演  エル・パーク仙台
2007年2月24日(土)18:30開演  秋保 木の家
●参加費
1人2000円(4才以上)
親子ペア3000円(中学生まで)

★≪終了しました。3日間で600名の参加者がありました。 ありがとうございました。≫

ningle_stage.jpg