みやぎ県子ども・おやこ劇場 沿革

ふくろう3.jpg特定非営利活動法人
みやぎ県子ども・おやこ劇場

NEWS 2006年告知版

hanabatake2.jpg

活動報告

新しい発見、愉しい出会い、思い出にのこること、たくさんできます。 以下の催しはどなたでもご参加いただけます。

2006.11.12 第2回 中高生のつどい ●参加者募集●


■県内の会員数の25%を占める中学生や高校生のみなさんが、 どんな作品に興味があるのか。心揺さぶられる舞台やこれから観てみたい作品はどんなものかを話し合います。 前回(10/8)に引き続き第2回目を行います。
みんな来てね!ね!! ね!!!
■内容
・子ども劇場の鑑賞作品や活動、これから観てみたい作品についてPart
・中・高生交流会&朗読シアター『ニングルの森』出演者(富良野塾卒業生)との交流会の提案

●とき
11月12日(日)13:30〜15:00
●ところ
みやぎ県子ども・おやこ劇場 事務所
●参加
中学生・高校生はだれでも可(会員でなくてもOK)

2006.10.3 第3回みやぎ 想・奏・創 塾『ロシアで暮らして』 ●参加者募集●


■『ダモイ〜収容所から来た遺書〜』の演劇公演を取り組む中で 隣国「ロシアをもっと知りたい」と思いました。大人の情報誌「りらく」 にエッセイを執筆中の池田さんを招いてお話を伺います。

●お話 池田久美子
■池田さんプロフィール
ロシア語通訳者・翻訳者 仙台市出身 早稲田大学第一文学部露文専修卒業。 ロシア国営ラジオVOICE OF RUSSIA 日本課特等翻訳官を経てフリーランスに。 「りらく」(理楽社)「通訳翻訳ジャーナル」(イカロス出版)にてコラム連載中。
●とき
10月3日(火)10:45〜12:45
●ところ
アエル28F エルソーラ仙台 研修室2

2006.07.21 ダモイ 〜収容所からきた遺書〜

◇あらすじ
第二次大戦後ソ連軍に捕らわれ、シベリア極寒の地で飢餓と重労働の生活を強いられる。 だが、希望をすてない山本幡男。監視の目を潜りながら「旬会」を続け、仲間たちを励ます。 「日本語を忘れないようにしなきゃいけないなぁ。それも美しい日本語を。いつの日か日本に帰るんですから」 だが、……

■作・演出 ふたくち つよし
      劇作家演出家として人気沸騰中!!
■俳優・平田 満
    存在感あふれる役者
    映画『バルトの楽園』出演中!!!

舞台はせりふ、音楽、スライドで 静かに進行します!!!!

damoitirashi-1.gif